保育理念

ひかり幼稚園が創立した昭和40年は3C時代到来の年で「車・カラーテレビ・クーラー」が各家庭に入りだした時代でもあります。そんな時代から現在まで、何人もの園児が卒園しまた。その子供や孫たちが、通ってきた歴史ある幼稚園です。卒園生は幅広く活躍し、今もときどきひかり幼稚園を思い出し遊びにきてくれる卒園生もいます。これからも卒園生たちが誇りに思えるような幼稚園として頑張っていこうと、園長をはじめ、先生と力を合わせ子ども達と一緒に笑顔いっぱいで地元の方々との触れ合いを大切にしていきます。理事長 田中泰次郎

認定こども園としての教育及び保育の理念

幼稚園・保育園のそれぞれのよさを生かして就学前の0歳児から5歳児までの一貫した幼児教育・保育を行う。
健康で安全な生活習慣を身につけ、きまりをまもり、友だちとの遊びや体験を通して生きる力を育む。
また、保護者、地域、保育者が一体となって、子どもたちの健やかな育ちを実現する。
すべての乳幼児のために地域や関係諸機関と連携を図りながら、子育ての喜びを実現できるよう、子育て家庭を支援する。

目指す子ども像

明るく、たくましい子ども

よく考え最後までやりぬく子ども

思いやりがあり、友だちを大切にする子ども

感じたこと、思ったことが表現できる子ども

教育及び保育の目標

  • 健全な心と健康な身体の調和的達成を促す。
  • 基本的な習慣や態度を身につけ自立性を育てる。
  • 集団生活において道徳的な規範意識を養うと共に、協調性を養い望ましい人間関係を築けるように導く。
  • 「食」への興味関心を養い、食と健康の関係を理解し食べることの喜びや感謝の気持ちを育てる。
  • 子どもの健康と安全を基本にして、保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。
  • 子どもの健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。
  • 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  • 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、家庭と園が連携し、施設としての社会的責任を果たす。

教育及び保育の方針

子どもを真中に、教育に必要な環境を与え、一人ひとりを大切にし、その子がその子らしくのびのびと明るく、心身共に発達することを援助する。

方針の具体策

  1. あそびの喜び
    • 自主性、主体性、協調性を身につけるには、まず遊び込むこと。
  2. 読書に親しむ
    • 読書によって得られる心の豊かさ、思考力の芽生えを促す。
  3. 食育の為の環境
    • 自然の恵みとしての食材料やそれを育てる体験(菜園活動)を通して、食事を整えてくれた人への感謝の気持ち、命を大切にする気持ちを育む。
  4. 体験活動の取り組み
    • 様々な事象において直接体験することは、子どもにとって大きな力となる園外保育や英語活動を取り入れ、子どもたちが意欲的に活動できる環境を構成する。
  5. 体験活動の取り組み
    • 地域型の教育力を園に取り組みバザーや餅つき等の交流を通し地域の方と接することで、人と関わる力を育てる。又、保護者には子育ての喜びを分かち合い、子育てや保育に関する知恵や知識を交換し子育ての文化や子どもを大切にする価値観を共に紡ぎだしていくことに努める。